小児歯科


5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://www.sakurada-dc.com/

大切なお子様の歯を守るために…
歯が生え始めたら、できるだけお早めに歯医者へお越しください。子供の歯がむし歯になるとあっという間に進行してしまいます。また、大人の歯がむし歯になるリスクも高まるばかりか、顎の正常な発達を阻害し、歯並びの乱れにつながってしまいます。

むし歯になりにくいお口を作りましょう

フッ素を活用しましょう。

フッ素入り歯磨き剤・フッ素洗口・歯科医院でのフッ素塗布など

おうちでの歯磨き(仕上げ磨き)をがんばりましょう。

小学校3-4年生までは寝る前に仕上げ磨きをしましょう。

定期的に歯科に通いましょう。

歯科医院でシーラントによる予防やむし歯チェック・歯磨きチェックを行いましょう。

飲食(おやつの摂り方)に気を付けましょう。

なるべく砂糖のはいっていないおやつを選びましょう。甘いものを与えるときはできるだけ回数を減らしましょう。

親から子へ…むし歯菌が感染!?

感染の窓って知っていますか?むし歯菌が最も母子感染しやすい特に危険な時期のことです。それは乳歯の奥歯が生え始めてから生えそろうまでの生後19か月~31か月(1歳半~3歳くらい)の時期です。むし歯の原因菌であるミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。歯が生えてくると、ミュータンス菌が感染します。感染する時期が遅ければ遅いほどお子様のむし歯予防につながります。

母子感染を予防するために…

赤ちゃんの周囲の人(特にお母さん)のむし歯のリスクを把握し、口腔内をきれいに保ちましょう。

嚙み与えや箸・スプーン・ストローなどを共用しないようにしましょう。

お子様の歯の生え始めからのブラッシング習慣をつけましょう。