入れ歯治療

こんなお悩みありませんか?
・入れ歯が初めてでよく分からない
・硬いものが噛めない
・入れ歯のバネが気になる
・ごはんがおいしくない
・痛い

お口の状態や、ご希望に合わせて患者さま一人一人に最適な入れ歯をご提案させていただきます。

入れ歯の種類

①レジン床義歯(保険の入れ歯)

・床(しょう)の部分がレジンというプラスチックでできています。

・部分入れ歯では、金属のバネを使用します。

・保険適応なので費用負担を抑えられることができます。

・食べ物の熱さや冷たさに対する温度伝導が鈍く、また強度を保つため床自体を厚くしたり、大きめに作ったりしなければならない材質的な難点があります。

②ノンクラスプ義歯

・金属の止め具(バネ)のない入れ歯です。

・金属のバネがないため、見た目が自然で美しいです。

・柔軟性のある特殊な歯科用プラスチックを使用した最新素材です。

・保険適応外になります。

・金属の金具が見えて気になる方
→ブリッジのように健康な歯を削りたくない方
→インプラントによる修復が困難な方
→金属アレルギーの方
におすすめです。

③金属床義歯

・入れ歯の基礎の部分が金属素材で作られた入れ歯です。

・レジンよりも薄く作ることができるので、熱が伝わりやすく、食べ物の温度(温かさ、冷たさ)を感じやすいため、味わって食べることができます。

・薄い割に強度が高く、床に落としても割れる心配はありません。

コバルトクロム合金 入れ歯用の金属として古くから使われており、実績と信頼があります。保険の入れ歯の約1/3の薄さでありながら耐久性にも優れているため、快適な状態で永く使用できます。
白金加金合金 腐食に強く、金属アレルギーの心配のない体に優しい金属です。伸びが良いため加工しやすく、馴染みの良い美しい入れ歯を作ることができます。
チタン合金 コバルトクロム合金の約半分の重さの金属で、インプラントの人口歯根や体内に埋め込むボルトなどでも使われている体に優しい金属です。金属アレルギーの心配がなく、また腐食にも強い最良の金属です。

④マグネット義歯

入れ歯の土台となる歯根に金属(キーパー)を埋め込み、入れ歯側に小型磁石を取り付けた入れ歯です。

・強力な磁力がガタつきを抑え、歯が少なくても十分な維持を得ることができ、金属のバネの必要のない見た目の良い入れ歯をつくることができます。

・金属床義歯と併用することが多く、抜群の固定感を得ることができます。
→従来の入れ歯で浮き上がりが気になる方
→ブリッジのように健康な歯を削りたくない方
→インプラントによる修復が困難な方
におすすめです