一般歯科

なるべく痛みの少ない・削らない・必要最小限の治療を行います

一度削ってしまった歯は元には戻りません。
削れば削るほど歯の寿命は短くなってしまいます。
そこで、桜田歯科医院では、
なるべく痛みの少ない・削らない・必要最小限の治療(MI=Minimal Intervention)を心がけています。
患者さまの大切な歯を1本でも多く残して、生涯ご自身の歯で過ごしていただけたらと思います。

痛みを減らすために

歯科用電動注射器

従来より細い針を使用し、体温程度に温めた麻酔薬を出来るだけゆっくりと注入することで、注射の痛みを軽減します。

表面麻酔剤

従来のゼリー状のものと比べて、高濃度の局所麻酔剤(キシロカイン)を接着面に含んだ表面麻酔剤を使用しております。本来、内科で使用されるものであるためとても効果的で、麻酔の痛みが軽減します。

極細注射針

極力細い針で注射の痛みを減らします。当院では現在最も細いといわれる33ゲージをご用意しています。

できるだけ削らないために

むし歯検知液

虫歯の部分のみを赤く染める検知液を使って、丁寧にむし歯を除去していくので、必要以上に削ることがありません。

エキスカベータ

やわらかいむし歯部分を手用で削り取るため、必要以上に削ることがありません。

精密な治療のために

拡大鏡

拡大鏡を使用することで肉眼での治療と比較し、患部の状態を細かい部分まで確認ができ、更に強力なLEDライトにより正確な診断と安全、精密な治療を提供することができます。

口腔内写真用カメラ

ご自身では見ることの出来ない口の中を、鮮明に見て、説明、比較、理解するために、高性能のカメラを使用して規格性のある口腔内写真を初診時、治療終了時など定期的に記録しています。

お口の健康管理ソフト

当院では、患者様のお口がいつまでも健康でいられるよう「お口の健康管理ソフト」を導入し、虫歯や歯周病の検査結果や治療時の口腔内写真を管理しています。

しっかりカウンセリングを行います

患者様一人ひとりのお声を大切にし、充分に納得していただいてから治療を進めていきます。

困っていることや不安なことをしっかりとお伺いしますので、どうぞリラックスしてお話しください。

むし歯の進み方

C0

まだ虫歯ではありませんが、放っておくと虫歯になってしまいます。

C1

初期の虫歯で、歯の表面のエナメル質に及んだ状態です。痛みはあまり無く治療も簡単です。

C2

虫歯がエナメル質を越え、象牙質まで及んだ状態です。冷たい物がしみるなどの症状が出ます。

C3

虫歯が神経にまで及んだ状態です。大きな穴が開き、食べ物が詰まると激痛が起こります。

C4

虫歯が進行し、歯の上部が崩壊し、根の部分だけが残った状態です。細菌が感染し、悪臭を放ちます。

むし歯の成り立ち

むし歯は4つの要素

①歯質

②むし歯菌

③糖分

④時間

が重なった時に初めて発生します。

それぞれの要素に気を付けることで虫歯になるリスクを下げることができます。

むし歯の予防法


①歯を強くする
●フッ化物を使って歯を強くしましょう
●よく噛んでだ液の分泌を促進しましょう
●歯科医院でのシーラントによる予防をしましょう

②むし歯菌を減らす
●ご家庭での歯みがきや、歯科医院でのプラーク除去を行いましょう
●菌の活動をおさえるキシリトールやフッ化物を使用しましょう

③糖分を控える
●バランスのとれた食生活をしましょう
●砂糖など虫歯の心配がないおやつを選びましょう

④時間に気を付けましょう
●ダラダラ食べをせず、規則正しく食べましょう

歯周病

歯を失う原因の一位は歯周病

歯周病は、歯のまわりの組織(歯肉や歯槽骨など)の病気で、細菌によって引きおこされる感染症です。現在、30代の80%以上は歯周病を患っており、日本人が歯を失う原因の1位となっています。

歯周病は、初期の段階では痛みが伴わないため、気付かないうちに病気が進行してしまい、気付いた時にはもう手遅れになってしまっていることが多いです。
よって、症状が出る前に歯周病の検査を定期的に行い、予防していくことが大切です。

歯周病チェック こんな症状ありませんか?

①朝起きたとき、口の中がネバネバする。

②ブラッシング時に出血する。

③口臭が気になる。

④歯肉がむずがゆい、痛い。

⑤歯肉が赤く腫れている。

⑥かたい物が噛みにくい。

⑦歯が長くなったような気がする。

⑧前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

一つでも当てはまる方は、当院へご相談ください。

歯周病の進行

 

「あなたのお口の健康を通して、幸せを提供します」歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。
多くの方は、歯肉から血がでるといった自覚症状を感じてからはじめて歯科に来院されますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態のことが多いです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てくることもあります。一生ご自分の歯でお食事ができるように、私たちと一緒に歯周病の治療・予防を行いませんか。