口腔外科・インプラント

インプラントとは?

インプラントとは、何らかの原因で失って歯の代わりに、歯ぐきの骨の中にチタン製のネジ(人工歯根)を埋め込み、被せ物をして歯を作る治療法です。
失った歯をこれまでと同じ様に機能させることが可能な、画期的な治療法です。

インプラントは、埋め込み後は10年ほどもつと言われていますが、桜田歯科医院では定期健診や歯科衛生士によるメンテナンスでそれ以上長持ちするケースが多いです。

当院では純日本製のインプラントシステムを使用しています。世界的に信頼性の高いインプラントシステムで日本の多くの大学で使用されています。

インプラント治療の術前審査においては必ず3次元CT検査を行なっております。確実で正確な審査診断があってはじめて安全な治療を行なうことが出来ます。手術時間の短縮、最小限の侵襲、治療後の疼痛にとても影響します。

サージカルステントとは?

サージカルステントとはインプラントの埋入位置や埋入方向をガイドする装置です。1次手術の際に模型診断にて設定した植立位置、深さ、方向を位置付けし高い精度で再現します。人間の目は錯覚を起こしやすい為、サージカルステントを用いることで狂いの少ない正しい位置・方向を特定できます。

担当医が詳しい説明を行うので、
納得して診療を受けることができます。

担当医が、診査診断、治療計画、費用などのご説明を納得がいくまでさせていただきます。
また、さまざまな疑問にも徹底的にお答えします。
十分に納得された上で、最善のインプラント治療を受けることが可能な環境を用意しております。

滅菌対策に力を入れています。

インプラント手術の際の使用器具は、すべてオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて完全滅菌が施されています。
感染のリスクを回避することに最大限の努力を払っています。
御安心して治療をお受けください。

口腔外科について

①埋伏歯(あごの骨に埋まった歯)の抜歯

とくに親知らずの抜歯など

②顎関節症

 「顎を動かすと痛む」「音がする」「口が開きづらい」など

③お口の中の粘膜の異変

 「唇や、お口の中の粘膜、舌などに口内炎がある」
「腫れ・水疱・ただれ・痛みがみられる」など

④外傷

「お口の中が切れた」「歯をぶつけてグラグラしている」「歯が抜けた・折れた」など

当院では、医科や口腔外科のある大学病院との連携体制をとっています。必要な患者様にはご紹介させていただくことがあります。