予防歯科

予防に勝る治療はありません。
いくらむし歯や歯周病の治療のみ行っても、お口の中にたくさんの菌が住み着いている状態では、必ずまた再発してしまいます。

歯は一度削ると二度と元に戻りません。
「削って詰める」はむし歯になった原因の治療ではなく、失ったところを何かで補っただけ。
しかもそれを永久的に使い続けることはできません。
一度削ってしまうと、歯の寿命は確実に短くなります。

歯科先進国の欧米諸国はそのことにいち早く気付き、国を挙げて国民に定期検診の重要性を啓蒙してきました。
スウェーデンでは国民の90%が定期検診に通っているのに対して日本はわずか5%に過ぎません。

その結果、スウェーデンでは80歳になって残っている歯の本数が26本に対して、日本人は約12本という驚きのデータが出てしまっています。
(H23年度厚生労働省歯科疾患実態調査報告)

桜田歯科医院では、むし歯や歯周病にならないための【予防型歯科医療】を全ての治療のベースにしています。まずは現在のお口の状態を詳しく検査して、むし歯や歯周病のリスクを知った上でそれぞれに合った治療を行い、定期的なメインテナンスをします。

そうすることでお口を健康に保つことができ、結果的に【歯を削る、抜く】ということを格段に防ぐことができます。
よって、「とにかく早く削って詰めてほしい」「治療に時間をかけたくない」
と言ったご要望の患者さまにはご希望に沿えない可能性がございます。

むし歯も歯周病も予防できる病気です。これからは歯は治すのではなく、守っていく時代です。
私達と一緒に大切な一本一本の歯を守っていきませんか?

予防型歯科医療の流れ

 


ステップ1|問診票のご記入
まずは問診票にご記入いただきます。お口のお悩みや、気になることなど何でもお書き下さい。

ステップ2|各種検査・カウンセリング
初診時に当院の診療システムについてご説明します。予防型歯科医療を全ての診療のベースとしていますので、すぐに治療に入ることはいたしません。カウンセリング後はお口の現状を知るために、口腔内写真撮影・レントゲン撮影・歯周病の検査・唾液検査(任意)などを行います。
※緊急性の高い(痛み等)ケースは応急処置を優先する場合がございます。
※唾液検査は保険適用外です。

ステップ3|検査結果の説明・初期治療
検査結果を元に、お口の現状について説明いたします。患者様のお口に合った予防プログラムをご提案いたします。
その後、初期治療として歯みがき指導・歯石除去等を丁寧に行なっていきます。
また患者様一人一人オーダーメイドのお口の健康手帳を無料でお渡ししています。

ステップ4|歯科医師による治療
初期治療によりお口の中の細菌が減り環境が整った時点で歯科医師による治療を行なっていきます。回り道のようですがこの状態で治療を受けていただくのが再発防止の近道になるのです。
歯医者が苦手な方にも安心していただける よう、可能な限り『痛くない』『再発させない』精密な治療を心がけています。

ステップ5|再評価
はじめに検査をしたときと比べてむし歯のなりやすさや歯周病の進行具合を再チェックさせていただきます。問題なければ定期検診(メインテナンス)に移ります。また、治療で綺麗になったお口の中の健康を保つための今後の予防プログラムについて説明させていただきます。

ステップ6|定期検診(メインテナンス)
健康で美しい口腔環境を生涯維持していくために、 1ヶ月〜4ヶ月に1回程度、お家での歯ブラシ状態の確認、むし歯や歯周病検査、PMTCなどのメンテナンスを行いましょう。

定期検診の重要性

定期検診では主にむし歯や歯周病の検査の他、粘膜や詰め物に異常がないかの確認、歯磨き状態の確認、細菌の除去(クリーニング)、フッ素塗布などを行っていきます。
定期検診を継続した人は治療のみの人と比べ、80歳で2倍以上の歯を残せるという統計が出ています。歯を健康に保てると、歯の健康と密接な関係がある生活習慣病などのリスクが下がるほか、認知症になりにくい、食事の楽しみが増える、などからだ全体に良い影響をもたらし、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が向上します。
これからは美容室に定期的に行くように、歯科にも定期的なメンテナンスを受けにきませんか。